逆流性食道炎になった時の対処方法

逆流性食道炎の主な症状は、胸やけ、酸っぱいものや苦いものが喉に上がってくる、げっぷが頻繁に出る、食べ物を食べていないのに喉や胸が詰まったような感じになる、咳がしつこく出る、吐き気がするなど様々です。

食道から胃につながる部分を下部食道括約筋といい、胃液の逆流を防ぐ弁の役目をしています。
この下部食道括約筋が緩んだり弱くなったりすると、胃酸の逆流を防ぐことができなくなり、胃酸が食道まで上がってきて様々な不快感となります。
食道の粘膜が胃酸で傷つき、胸やけなどの症状を頻繁に繰り返すようになると逆流性食道炎になってしまいます。

下部食道括約筋は、脂肪を摂取したときに分泌されるホルモンやタンパク質の多い食事でゆるんでしまいます。
食生活が欧米化することによって症状に悩む人も増えているようです。
また、加齢によっても下部食道括約筋は弱っていきます。
肥満気味の人も内臓脂肪により胃が押し上げられてしまいがちなので逆流を起こしやすくなります。

食道裂孔や食道と胃のつなぎ目の部分が出っ張ってしまった食道裂孔ヘルニアも逆流性食道炎の原因の一つといわれています。
このような症状は、非常に効果的な薬が出ているので薬の服用で改善できますが、放置したり治療が遅れるとまれにがんに移行してしまうので、気になる症状がある場合は早めに診断を受けることが大切です。

逆流性食道炎になりやすい人は、左側を下にして休む寝姿勢がベストです。
逆流性食道炎は、胃酸や十二指腸から分泌された成分や胃の中に溜まった食べ物が食道に逆流してしまい、胸やけや胃の不快感などを感じます。

通常は、スムーズな消化のために、右側を下にして休む寝姿勢が望ましいのですが、逆流性食道炎の場合は、消化力の強い胃酸が逆流して食道がダメージを受けやすくなります。
右側を下に休むと、喉に詰まった感じや咳など様々な症状を引き起こす恐れがあるため左を下にして休むことがよいとされます。

日頃からできる予防策

逆流性食道炎の予防のためには、薬の服用とともに食生活や日常生活を見直す必要があります。
脂っこい揚げ物やアルコールなどは摂取を控えるようにしましょう。
脂肪分の摂り過ぎやアルコールの飲み過ぎは、下部食道括約筋をゆるませて胃の中の食べ物を逆流しやすくしてしまいます。

また、甘いもの、コーヒー、濃い緑茶、刺激の強い香辛料の摂取も控えめにしたほうがよいです。
甘いものや香辛料、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは胃酸の分泌を促進させてしまいます。
みかんやレモン、トマトといった酸味の強い食べ物も好ましくありません。
これらの酸味の強い食べ物は、胃酸と同じ酸性ですので、胃の中に入っている間に何回も逆流が起きると、食道の粘膜が刺激され胸やけを起こしやすくなります。

食べ方にも気を付けた方がよい点があります。食事は、ゆっくりとしっかり噛んで食べるようにしましょう。
一度にたくさんの量を食べ過ぎないようにすることも大事です。
寝る前や寝る直前は、逆流を起こしやすくなりますので、夕食の量は減らし朝食をしっかり食べる食生活に変えると逆流性食道炎を予防する対処方法になります。
食後はすぐに横にならないようにしましょう。食後2~3時間は空けて横になることが望ましいです。

日常生活においての対処方法は、お腹への負荷が大きくなると胃の中のものが逆流して、げっぷなどの不快感を起こしやすくなりますから、なるべく腹圧のかからないような姿勢や動作を心がけるようにしましょう。
前かがみの姿勢を長時間続けたり、重いものを持ったり、力強く力んだりお腹に力を入れるような動作は控えます。
ベルトやガードルなどで、必要以上にお腹周辺を締め付けることがないようにしましょう。
和装などは帯を使うので、できれば避けた方がよいです。

便秘は、お腹にガスが溜まりがちになり逆流を起こしやすくなります。
運動を行う際にも注意が必要です。
前屈や開脚などのストレッチや腹筋などお腹に圧がかかりやすい筋トレなどの運動は、吐き気や胸やけを悪化させるので控えることが望ましいです。