PPIとH2ブロッカーについて専門的な説明

PPIとH2ブロッカーはいずれも胃酸分泌抑制薬として用いることがありますが、両者の大きな違いは作用機序にあり効果についても異なる点があります。
まずPPIについてですが、PPIはプロトンポンプの働きを阻害する作用があります。
具体的には、プロトンポンプとは胃の粘膜の壁細胞から胃酸の分泌が行われる最終段階でカリウムイオンを取り込んで水素イオンを放出させる働きしています。
この働きにより胃酸の分泌が活性化されますがPPIはこのプロトンポンプの働きを阻害することで胃酸分泌を抑制することからプロトンポンプインヒビターと言われています。

PPIの作用効果はプロトンポンプの働きを阻害することで胃酸分泌を促すガストリンやアセチルコリン、ヒスタミンの分泌を抑制することにも繋がるため強力な胃酸分泌抑制効果を発揮します。
また効果の発現時間はH2ブロッカーよりもやや遅いという点はありますが、1日1回の服用で効果が得られることが特徴となっています。
これらのことから、特に消化管潰瘍などの治療初期で用いられることが多く見られます。
しかしながら、PPIは作用が強力であるためにピロリ菌検査で偽陰性を示すことがあります。
つまりPPIの強力な作用によってピロリ菌の活動が抑制(静菌作用と言います)されてしまい、本来は陽性であっても陰性という結果が出てしまうことがあります。

一方、H2ブロッカーについてですが、H2ブロッカーはヒスタミンH2受容体に作用します。
具体的には胃酸分泌を促す物質のひとつであるヒスタミンが胃の粘膜の壁細胞にあるヒスタミンH2受容体への結合を阻害することによって胃酸が分泌されることを抑制します。
そしてH2ブロッカーの作用効果はPPIに次ぐ胃酸分泌抑制効果を発揮するものとして、消化管潰瘍の再発予防などの維持医療で用いられることが多く見られます。
なお、効果の発現時間はPPIと比較して早いことが特徴であり、またPPIほどの強力な作用がないことから、ピロリ菌検査に影響を与えにくくピロリ菌の除菌治療における補助的治療薬として用いられることがあります。

PPIとH2ブロッカーは併用不可?

PPIはプロトンポンプインヒビターとして、プロトンポンプの働きを阻害することで胃酸分泌の抑制作用を持っています。
これに対して、H2ブロッカーはヒスタミンH2受容体に結合することで胃酸の分泌を抑えます。
このように、PPIとH2ブロッカーでは作用機序や効果の持続時間等で差異が見られるものの、胃酸分泌抑制薬としての作用の点では共通しています。

これらの薬は胃酸分泌抑制薬として類似した効果を持つことから、併用することに積極的意義は無いと判断されます。
2017年9月25日に社会保険診療報酬支払基金は、PPIとH2ブロッカーの併用投与は原則、認めないことを明らかにしています。
もちろん、厳しい社会保険財政収支もこの判断に影響を与えていることも、指摘できるでしょう。

またPPIを胃酸分泌抑制薬として、使用する場合に問題になるのは、ピロリ菌の除菌治療を実施する時です。
ピロリ菌では除菌薬を使用して、胃の内部から排除することを目的としています。
最終的にはピロリ菌検査で陰性になれば治療は終了となります。
ところが、同時にPPIも服用している場合、強力な胃酸分泌作用の影響で、治療初期には偽陰性の検査結果が出る可能性があるのです。

実際にはピロリ菌が根絶されておらず、本来であれば陽性との検査結果が出るべきところが、偽陰性が出てしまい、治療効果の判定を見誤る危険性があるわけです。
このような関係があることから、ピロリ菌治療を行う場合には、胃酸分泌抑制薬にはH2ブロッカーが選択されることがあります。

また消化管潰瘍は、ピロリ菌だけでなくストレスなどの体質的素因によっても、発症する側面を持ち再発しやすい特質があります。
そこでH2ブロッカーは消化管潰瘍の再発防止と言った維持医療の場面でも使用されているのです。